TOKIO城島茂と山口達也!幻の古代サメを捕獲!

どうも
すずよし です。^^

 

TOKIOの城島茂と山口達也が、
4月上旬に「学会で発表するレベル」
という超貴重な生物で
幻とも呼ばれる古代サメ「ラブカ」を
生きたまま捕獲したとのこと。

 

その模様は、14日に『ザ!鉄腕!DASH!!』

(毎週日曜PM7:00)に放送するそうだ。

 

 

 

 

 

 

日本テレビ

 

 

ラブカの存在は、
恐竜やシーラカンスよりも古く、
4億年前から姿を変えずに現存する

最古の魚類。

 

 

 
Sponsor drink



 

4月上旬のロケの最中、
深海に仕掛けた刺し網を漁船の上で

引き上げていると、
グロテスクな姿が水面から姿を
見せ始めた。

 

と、
「なんだこれは!」(城島)
「うわぁ~気持ち悪い!」(山口)

2人が驚いていると、
“DASH海岸監修”の木村尚氏は
「ちょっと!これすごいですよ! 

 学者も驚くやつだ」

声をあげたのでした。

 

それもそのはず、
古代サメ「ラブカ」が生きた状態で

捕獲されることは殆ど無く、
2004年にアメリカの無人探査船が

生きて泳ぐ姿を撮影した時は、
世界中のサメ学者が驚嘆する
大ニュースにもなったのだそう。

 

生きた状態で現れたラブカに
城島も「こりゃすごいことだぞ!」と興奮し、
山口は

「でも、なんか口の歯並びとか…

  見た目ヤバいよね」

と驚きを隠せなかったそうです。

 

実はラブカのグロテスクな見た目は、
昨年大ヒットした映画
「シン・ゴジラ」の第2形態の
モデルにもなったとのことです。

 

前回発見した、多摩川上流での

絶滅危惧種(スナヤツメ)発見に続き、
またもや超貴重な生物を2人は

見つけたのでした。

 

 

Sponsor drink