英国がEU離脱!

[`google_buzz` not found]

英国がEU離脱!

 

 

 

どうも

すずよし です。^^

 

 

英国がEU離脱を選択しました。

そして

キャメロン英首相辞意を表明しました。

国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が

決定したことを受けて記者会見し、

辞意を表明しました。(時事通信)

 

サマンサ夫人と一緒のキャメロン英首相

キャメロン首相

 

結果が伝えられるとリスク回避から

外国為替市場で円が買われ、

東京株式市場で株価が急落するなど

市場は大混乱している。

50歳代以上の年齢層に多い離脱派には

人の移動の自由を認めるEUに

加盟しているから域内から大量の

移民が押し寄せて英国民の職を

奪っているとのことで

感情的なEUへの反発があったのです。

 

EUをめぐって分裂した国論を

修復するのも容易ではない。

残留派が多数のスコットランドで

独立機運が再燃する可能性が高いほか、

英国領北アイルランドの少数派

カトリック系住民と支配層の

プロテスタント系住民の対立問題にも

影響を与えそうとのことですね。

 
CM

また、

域内各国でEUに否定的な勢力を

増々勢いづかせるのは必至。

来年4-5月のフランス大統領選挙や

9-10月のドイツの議会選挙にも

影響を及ぼそう。

結束の弱まったEUでは中東からの

難民危機、ウクライナ問題などの

防衛上の課題への機動的な対応も

ますます難しくなりそうです。

 

元々、イギリスは大英帝国と言われ

王様の力が強い国で、

各国の植民地支配を広げていったのは

ご存知の通リ。

それなのに他国からの移民には

反対の立場をとってきたのですね。

 

当然、他国にその影響があるでしょう。

日本も対岸の火事では無いのですよ。

 

EUの先行きに不透明感が強まったことが、

世界の政治・経済にとって

一段の重石になるのは避けられないのです。

時代はくり返す?

では又。

 

 

 

[`google_buzz` not found]

コメントを残す