8月の七夕 7月の七夕 見に行けなかった でも大丈夫

[`google_buzz` not found]

すずよし です。^^

8月の七夕は仙台でも北海道でも開催しています。

有名なのは、
仙台の七夕で8月7日開催されます。
曜日に関係なく毎年8月6日から8日の日程で開催いたします。
これは有名ですね。

それまであった年中行事は土地によって
新暦の日付をとるものや季節感を残すため
1月遅れ(月遅れ行事)とするところに分かれました。

七夕

行事によって旧暦で行なう地域もありますが、
これは毎年日にちが変わります。

お盆の語源になった盂蘭盆会は7月15日です。

明治新政府の膝元であった東京や関東の一部では
7月盆ですが、お盆も全国的には8月盆が多いです。
旧盆とも言います。

また、地方によっては、
お盆の頃が一番蚕のシーズンで忙しく、
8月の終わり頃のお盆もあります。
今は月の半が多いみたいですね。

CM



そこで、北海道がなぜ8月7日!なの!

北海道は明治以後開拓が進められた地域で、
移住者は農村出身者が主力でした。

面白いことに、大人になった人たちは、
自分たちも子供の頃経験しているので、
七夕の時期になるとお菓子を準備することが
多いのですが、道産子でも知らない人や
転勤などで北海道に移り住んだ人たちには、
一体何のこと!って感じなんでしょうね。

まるでハロウィンのような感じです。

又、北海道は竹が余り有りません。
代替の物が多いですよ。

7月の七夕に行きそびれた人は北の方に行きましょう。

ではまた。

CM


[`google_buzz` not found]

コメントを残す