癌だ!ガンが見つかりました!

他人事ではないガン!

あなたもいつかは癌になるかも!

 

 

 

どうも
すずよし です。^^

 

健康診断の検査結果が来ました。
毎年の事なので
特に気にもしていませんでした。

ところが後日、
3通の封筒が届きました。

 

 

 

 

 

 

それは、この様なものです。

精密検査を受けてください。
その中に

医師あての返信用書類が一緒に入っていました。

1.胃がん
2.大腸がん
3.前立腺がん

えっ何だこれは!
ということで
しぶしぶ大学病院に出向いたわけです。

 

私は、今迄は花粉症の薬以外は
飲んでいません。

健康面ではシニアの皆さんの
健康維持のための体操があります。

その体操のサポーターとして
月に2~3回位程度指導しています。

 

自分でも
健康体と思っていたのですが。・・・

 

数日間の辛い検査が待っています。

何しろ生まれて初めてなもので
不安の方が大きいです。


先ずは
1.胃がん(胃腸内視科)
検査前日から食事は無し!
胃の中を空っぽにします。

次の日検査です。

病療行為名称は
「上部消化管内視鏡検査」と
言います。

説明同意書に署名をします。

来受付機を通し

放射線科の内視鏡受付をします。

暫く待たされて(予約なんですけど)

診療衣に着替えます。

暫く待ちます。(大勢いるんですね)

 

ナースに呼ばれ、

説明を受けながら注射と口頭麻酔薬を

飲まされます。

暫く処置室で待っていると

完全武装した技師(女医)が来ました。

 

順番に呼ばれ私の番です。
ベットに横になり身体を丸めます。

口に挿入用のプラスチック器を
加えさせられ軽く歯で噛みますます。

内視鏡が挿入されました。
かなり太いんですね。
12㎜くらいでしょうか。

 

痛みは殆どないのですが
グリグリえぐる様な感じで口元が痛い。

胃の中に青い液体を入れる
と言っています。

冷たいものを飲んだ感じですね。

問題個所を
より発見出来るのだそうです。

 

それでも時間は経ちますから終わりました。

(20分くらいでしょうか)

 

診療衣を着替えて暫く待ちます。

ナースから説明を受け会計へ。

その日は結果が分からないので
後日来院の予定を問診時に医師が
決めてあります。

 

結果は次回